作ることと食べること

某有名作家のブログを読んでいて、こんな文章を見つけた。

“美味しいことは人生を明るくする。それが自分で作ったものであればなおさらじゃないか。そうだ、ぼくは幸せになりたいから、料理をするのである。悲しいことを蹴散らすために、不幸を近づけないために、料理をするのだ。我々はもっと料理を愛すべきである。
「ああ、美味い、幸せだ!」これに勝る幸せはない。”

料理をする理由はまさにこの最後の一文に尽きると思う。

作ることと食べること1 “作ることと食べること” の続きを読む

料理と器

料理と器

献立を決める時、使いたい器をベースにその日のメニューを考えることが結構ある。

蒸し暑い夏の日はガラスの平皿に合うカルパッチョ、片口の土ものの器には汁まで楽しめる肉豆腐。盛り付ける器によって料理はガラッと表情を変える。 “料理と器” の続きを読む