長い年月を経てたどり着いた写真

吉祥寺NY店で写真を広げて談話する佐藤様たち

らかんスタジオのfacebookを通じて、佐藤様という方と知り合いました。
佐藤様が実家(東京)の祖父の遺産整理をしていたことろ、「LAQUANSTUDIO542FIFTHAVE.NEWYORK」と刻印された祖父のポートレート写真が出てきたそうです。
佐藤様は、「このスタジオはまだニューヨークにあるのだろうか」と思ってネットで検索してみると、実家近くの吉祥寺にあることが判明して驚き、そのことをらかんスタジオのfacebookに書き込んだことで私とfacebookで繋がりました。

会長によると、ニューヨーク時代のLAQUANSTUDIOの写真が発見されることは極めて稀だそうです。(しかも東京で)早速連絡を取り合い、話を進めているうちに、その写真をらかんスタジオに寄贈していただけることになりました。そして、佐藤様とご親戚御一行様がその写真を持って、吉祥寺N.Y店に家族写真を撮りに来てくれました。

撮影には、この話に興味を持ってくれた朝日新聞の記者さんが同行してくださり、佐藤様やご親戚から祖父の話や写真の話をしてくれました。ほぼ100年前の写真が、親戚達を集め、会話を弾ませ、笑顔が溢れ、絆を深めていく。。
私たちの仕事の醍醐味はこういうこと。らかんスタジオHPにある「つながる笑顔・つながる家族」これは、まさにその瞬間そのものでした。

台紙に刻印された当時のロゴ