ロンロンに出店

ロンロン店のお店
ロンロン店

昭和42年ごろ吉祥寺駅高架下に商店街が出来るという話が聞こえてきました。全国的な有名店が入るのですが、地元の商工会議所関係の有力商店もいくつか候補に挙がったのです。そこで、商工会議所に、その商店街に入居したいと相談。当時の会議所専務飯塚さんが、何回も駅側と折衝してくれて、有名店ではなかったのに、らかんスタジオの入居を決めてくれたといういきさつがあります。

“ロンロンに出店” の続きを読む

暗室

暗室(昭和 54 年)
暗室(昭和 54 年)

私は小学生のころから暗室が大好きで、現像液に浸した白い紙から、画像が浮き出てくるのを「なんて不思議だ、まるで魔法を見ているようだ」と、飽きもせず見ていました。暗室は面白いところだと思い始めたのです。
暗室は定着液に使う酢酸のすっぱい匂いに、現像液のアルカリの匂いが混ざって、独特の匂いがしていました。長じてから、覆い焼き、焼き込みの技術を習得し、得意わざにしていました。
“暗室” の続きを読む

写真に携わって

ここまでの私の人生を振り返って考えますと写真に携わって来て本当に良かったと実感しています。好きな仕事をしながら生活したいというのが、高校生ごろからの夢でした。例えば、絵描き・音楽家・小説家などは自由があって理想的人生だと憧れていました。

大卒後、私は写真の道に入ったのですが、写真も似ているところがあります。今までの人生を振り返ってみて、「写真」で正解だったと思っています。
らかんは、受付から始まって、美容・着付・撮影・そして製作、仕上げ、などものづくりに携わり、そしてお客さまに喜ばれながら、安定した生活が得られます。そんならかんは「いい会社」と言えると私は思います。

写真づくりのような「いい仕事」は世の中にそう沢山は無いと思います。これは実感です。これからも、みんなで力を合わせて、理想的な仕事である「写真づくり」を続けていきたいと思います。

鈴木育男 写真展&講演会レポート

2018年10月30日〜11月25日に開催された、
らかんスタジオ会長 鈴木育男 写真展「なつかしの昭和時代」&講演会
の様子をご紹介致します。

会場の1階では写真展が開催されており、同じ建物のホールで講演会が行われました。吉祥寺のお話はもちろんのこと、アメリカに敗戦したことがはっきり分かる英語の標識の写真や学生運動などの緊迫した場面などの戦後の日本の姿から現在では見ることのできない花嫁さんの列のような大衆文化の写真まで、実際に会長が撮影をした時のエピソードを交えながらのお話は、大変貴重で興味深いものばかりでした。 “鈴木育男 写真展&講演会レポート” の続きを読む