写真師

30 〜 40年前まで 写真館の館主は先生と呼ばれていた写真師でした。
先生を意味する「師」が 付く理由は、1862年日本に初めて写真館が開設されたころから長い間、 先進的な科学や化学の幅広い知識と、芸術的な感性をも持っていて、社会の中で一目置かれる存在だったからです。

日本で「カメラマン」は、日常語になっていますけれど、欧米でカメラマン
と言えば、新聞社やTV 局などの報道カメラマンのことをそう言っていて、私たちのような写真家のことは、「フォトグラファー」 といって区別されています。

戦後「おい写真屋!」などと小馬鹿にされた時代もちょっとありましたが、最近はそんなことは言われなくなりました。昔の「先生」ではなくても良いですが、私たちは絶えず勉強して、写真家、フォトグラファーの地位は保持したいものです。

 

会長が見つめてきた歴史の変遷【1980年代】

昭和57年の吉祥寺
昭和57年の吉祥寺(サンロード入り口)

80年代はカラーフィルムの全盛期で、フジフィルム・コダック・コニカの勢いがあった時代です。
らかんスタジオは、70 年代後半と変わらず、大量のフィルムをお客様からお預かりして現像する取り次ぎ業務が多かったです。80 年代後半から 90 年代にかけては売上も良く、とても良い時代でした。 “会長が見つめてきた歴史の変遷【1980年代】” の続きを読む

会長が見つめてきた歴史の変遷【1970年代】

昭和48年の吉祥寺
昭和48年の吉祥寺(造成中の元町)

70年代に入るとカメラも安くなり、一般の人も写真を撮りはじめ、白黒写真からカラー写真の時代になりました。60年代の後半あたりから徐々に、カラーへ移行をはじめていましたが、それが本格化してきたのです。

60年代は、自宅に暗室があり、自分で白黒写真を現像・プリントしている人も多く見られました。しかし70年代になるにつれ、カラー写真の現像時に使用する薬品が、白黒写真の現像時とは異なるため、自宅ではプリント出来ず、フィルムを現像所に出すということが主流になりました。

“会長が見つめてきた歴史の変遷【1970年代】” の続きを読む

会長が見つめてきた歴史の変遷【1960年代】

30年頃 中道入口
30年頃の吉祥寺

昭和30年頃、その頃はまだ戦後の混乱状況から立ち直ってはいない頃でした。
店名は「写真のらかん」と称していたり、「カメラのらかん」と言ったりしていました。記念写真を撮影に来るお客様はとても少なかった時代です。

もともとは、写真撮影専門だったのですが、戦後は国民すべてが飢えていて、お子様や家族写真を撮影するゆとりがなかったのです。
当時は写真よりも食べるものが優先でした。写真は「不要不急」と言われていたのです。

“会長が見つめてきた歴史の変遷【1960年代】” の続きを読む

創設時のらかんスタジオ

スタジオ外観
らかんスタジオの前身のスタジオ外観

らかんスタジオと名乗ったのは1921年ニューヨーク5番街店からでしたが、実はその前に「フォトスタジオ」として最初のスタジオを開店していました。
バラック建て2軒長屋の左の店舗です。2階部分にPHOTOSTUDIOと書かれています。

場所ははっきりしませんが、ニューヨークの東地区と聞いたことがあります。右隣はペンキ屋さんが店名を書いている最中ですが、たぶんローリングゲームの店だと思います。玉ころがしゲーム屋さんでしょうか。

1920年に初代鈴木清作が創設したこのPHOTOSTUDIOこそが、今のらかんスタジオの前身であり発端です。

このころ中山岩太という渡米して間もない若い写真家と出会い、翌1921年にアメリカ最大の高級繁華街5番街に進出することになりました。そしてスタジオ名をらかんスタジオとしたのです。

進出に必要な費用は、1914年に渡米後、働いて溜めた資金でほとんど鈴木が負担したそうです。